09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

王位戦第四局、羽生王位が制しタイトル防衛に王手 

王位戦七番勝負の第四局は、
羽生王位が勝って3勝1敗とし、
防衛まであと一つとしました。

戦型は、予想通り藤井九段の角交換四間飛車でした。
途中まで、第二局と同じ手順でしたが、
先手の藤井九段が角交換のタイミングを変えたため、
羽生王位が△2二同玉から穴熊に組む展開になりました。
これは、私が第二局のときに気にしていた作戦です。
注目の対抗策は、▲6五角と筋違い角から歩を掠め取る作戦でした。
筋違い角を生かして飛車先の逆襲を狙う先手に対し、
羽生王位は△3三角と手放して反撃態勢を築きました。
封じ手のあたりでは、駒が前進している先手が指しやすそうに見えました。
しかし、羽生王位は駒損ながらも、穴熊の遠さを生かした攻めを敢行し、
細い攻めを上手く繋いで難解な終盤戦へと突入しました。
どちらが勝っているのか判らない状態が続きましたが、
最終的には穴熊の強みを生かして羽生王位が振り切りました。

これで、藤井九段に後がなくなりました。
次局、より一層の奮起を期待したいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2012/08/09 Thu. 22:48 [edit]

category: 閑話

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://theair6.blog109.fc2.com/tb.php/120-26c3adde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。