09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

最近気になったプロの将棋 

メモの意味を込めて気になった将棋を列挙。

・竜王戦第四局
後手の丸山九段が勝って、首の皮一枚残した一局。
37手目▲1五銀の渡辺新手で、先手が良くなるのなら話は早いが、
△4五角から△2二銀の切り返しが的確だった模様。
新手は不発だったものの、渡辺竜王らしい簡素で明快な作戦だった。
竜王戦中継

・竜王戦第5局
現在進行中の対局。
先手の丸山九段が後手番の様な駒組みをする。
手損しない後手角換わりを有力視しているのだろうか。
仮にそうだとして、自身で採用しないのは、
2手目△8四歩では矢倉があるためかもしれない。
因みに封じ手予想は△6五桂。
竜王戦中継

・JT杯佐藤羽生戦と棋王戦佐藤羽生戦
いづれの対局も佐藤九段先手で、
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛の相振り飛車。
将棋世界に因ると、この出だしは後手の勝率が高いそうだ。
敢えてその戦法を選んだ(しかも羽生三冠相手に2局連続で!)佐藤九段の思惑は量れない。
以下、▲7七角△3五歩▲8八飛と進行し、
先手は金銀がバラバラ、後手は浮き飛車で攻めが細く、
自分ならどちらも持ちたくない将棋に。
故に一考の価値はある。
JT杯棋譜
棋王戦棋譜

・王将リーグ渡辺羽生戦
先手の渡辺竜王が初手▲2六歩と指した。
竜王は居飛車党相手には初手▲7六歩、
振り飛車党相手には▲2六歩と指すことが多いので、
これは羽生三冠の△3二飛戦法を警戒してのことだろう。
この手に王座戦の影響が窺い知れる。
ただ、渡辺竜王は棋王戦でも羽生三冠戦を残しているため、
△3二飛戦法対策を取っておいた可能性はある。
王将リーグ渡辺羽生戦

これくらいでしょうか。
流行の戦法が出た対局ではなく、
棋士同士の駆け引きや将棋観が垣間見える対局に食指が動いたようです。
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/28 Wed. 22:00 [edit]

category: 閑話

TB: 0    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://theair6.blog109.fc2.com/tb.php/141-f2c6931e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。