FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

先手角換わり拒否矢倉 

ちょっと気になった局面がありまして、
初手から、
▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩△2二銀
▲7八金△3二金▲4八銀△8四歩▲6六歩(下図)まで。


手順を説明すると、
先手が飛車先を決めたので、後手は角換わりで対抗しようとしました。
これは、相腰掛け銀になった場合、▲2五桂の筋が消えるので、
先手の選択肢を減らすことが出来るためです。
そこで、先手は角交換を保留して自陣の整備をしました。
途中、△8八角成とするのは2手損になりますので、
流石に急戦を挑まれて後手が苦しいと思います。
後手は手損したくないので、△8四歩と角交換を催促しました。
次に△8五歩となると、形良く飛車先を受けることが難しくなります。
そして、角換わりを拒否する▲6六歩となるわけです。

ここからは矢倉戦になると思いますが、
その時、▲2五歩△3三角の交換を咎める後手の作戦は何かというのが問題。
先手は飛車先を決めているので、通常の4六銀3七桂戦法は出来ませんし、
▲7八金形なので早囲いも狙えません。
そういう意味では後手満足なのですが、
代わりに先手の3筋の歩交換を牽制するために、
△6四角と出にくいというのが一つの懸案事項です。
つまり、△3一角~△6四角と使えたものが、
△3三角~△4二角~△6四角と手数が掛かることになります。
これでは△3三角と上がらされたという感じが否めませんし、
まして▲4六角とぶつけられると脇システムになってしまいますので、
▲2五歩が生きる結果となりそうです。
以上を踏まえると、△3三角を生かすなら、
△5一角~△7三角(△8四角)のルートでしょうか。
ちなみに急戦は、先手の飛車先が決まっていること、
△2二銀と壁形であることなどから難しいと思います。

マイナーな形なので、棋書には載ってなさそうですし、
プロの実戦もほとんどありませんでした。
そういう意味では考えていると面白いのですが、
実戦ではまず現れないので、
労力には見合わないかなと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2013/01/14 Mon. 23:30 [edit]

category: 矢倉

TB: 0    CM: 4

14

コメント

 

△85歩▲77角を入れて
△72銀から棒銀を狙ってはどうですか?

URL | iochigen #- | 2013/01/16 22:47 | edit

Re: タイトルなし 

返信ありがとうございます。

一応それも考えました。
以下一直線に棒銀に出ると、
▲8八銀△8三銀▲5八金△8四銀▲6七金右。
ここまでは普通の手順だと思います。
ここから直接攻める手は、
1.△9四歩~△9五銀
2.△7四歩~△7五歩
の二通りが考えられると思いますが、
1は△9四歩▲6八角△9五銀▲5六歩△8六歩▲同歩△同銀▲8七歩△9五銀で押し戻されてどうか。
2は△7四歩▲5六歩△7五歩▲同歩△同銀▲7六歩△8四銀。
いずれも一歩手持ちに出来ますが、
先手からも引き角から▲2四歩の筋で一歩持てますので、
さほど得しているように思えませんでした。

私としましては、棒銀に出た以上、
銀を捌くか、端を破るか、先手陣を乱すかしたいと考えていますので、
棒銀は諦めた次第です。

また、棒銀を菊水矢倉で受けるのは手筋でもあり、
そこへ正面からぶつかることにも抵抗がありました。
▲7七銀から▲8八銀と引く形なら、
手損させるので、まだしも良いのですが。

ただ、△8四銀と出てから攻める一手でもないので、
持久戦で上手い構想(壁銀なので中央への攻め)があれば、
面白いかなあと思います。

URL | ジ・エア #- | 2013/01/16 23:49 | edit

 

②の△74歩まで進めて、▲56歩に△54歩として、
▲68角と引いたときに△75歩としてはどうでしょうか。

もし▲68角と引かなければ、
駒組みを進めて、期を見て7筋交換する感じで。
後手は囲い方が難しい気がしますので。

URL | iochigen #- | 2013/01/17 22:26 | edit

Re: タイトルなし 

> ②の△74歩まで進めて、▲56歩に△54歩として、
> ▲68角と引いたときに△75歩としてはどうでしょうか。

▲5六歩△5四歩▲6八角△7五歩なら、一回▲4六角でしょうか。
ここで後手は如何指すか。
△5五歩▲同歩△5二飛▲6九玉△7三銀と中央に転換するか、
あるいは△9二飛と我慢して、
▲7五歩△同銀▲5七銀とかですかね?

URL | ジ・エア #- | 2013/01/18 00:36 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://theair6.blog109.fc2.com/tb.php/155-1603a3c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。